十五夜 | 浜松市南区周辺の不動産をお探しならあららぎ不動産株式会社にお任せ下さい。

あららぎ不動産株式会社

営業時間9:30~18:30(日・祝10:00~17:00)定休日水曜日

十五夜

旧暦の8月15日、新暦では9月の中旬(2019年は9月13日)。
お月見、名月、中秋の名月、芋名月とも呼ばれます。

中国では、唐の時代から中秋の名月を鑑賞する風習があったようです。

日本では平安時代の貴族の間に取り入れられ、次第に武士や町民に広まりました。

昔は、月の満ち欠けにより月日を知り、農事を行いました。

十五夜の満月の夜は祭儀の行われる大切な節目でもあったようです。
満月に見立てたお団子と魔除けの力があるといわれるすすきをお供えします。

日本では昔から、同じ場所で十五夜と十三夜の両方を観賞する風習が一般的です。

どちらか一方だけ観賞するのは「片見月」といって忌まれていたからです。
今は、十三夜は十五夜に比べてあまり一般的でないようで、

十三夜の頃に月見団子を販売していない和菓子屋さんもあるようです。
でも、両方の月を愛でるのは、日本独特の風情ある風習ですから、ぜひどちらの月も楽しんでみてください。

引用元

子供のころ 家の行事としてお供え物してお月見をした記憶があります。

自分が親になってみると、まったくしていませんね~(>_<)

でも時々 夜空を眺めながらお月さまを見るときはあります。




静岡県浜松市の不動産に関することは「あららぎ不動産」にお任せください。

《住まいを借りたい方や貸したい方》 あららぎ不動産賃貸サイト

《不動産の購入や売却を検討されている方》 あららぎ不動産売買サイト

《その他お問い合わせ》 0120-64-5557 メールでのお問い合わせはこちら

投稿日:2019/09/13   投稿者:嶋